自らの免疫細胞を利用する|重大な病気も治せる病院|メディカルダイエットについても調べよう

重大な病気も治せる病院|メディカルダイエットについても調べよう

ドクター

自らの免疫細胞を利用する

医者

免疫細胞の種類とその働き

私たちの身体の中には、いくつかの種類の免疫細胞があります。免疫細胞の主なものを紹介しながら、その働きについて説明していきます。まず初めにリンパ球があります。これには液性免疫を司るBリンパ球と細胞性免疫に関与するTリンパ球があります。Bリンパ球は主に、グロブリンと呼ばれる免疫抗体を作り出し、ウイルス等の外敵を退治します。そして、Tリンパ球は様々な免疫細胞と協力し合い主にがん細胞と闘います。その他の免疫細胞には、食作用を有するマクロファージやTリンパ球にがん細胞の情報を伝達する樹状細胞、さらにはがん細胞を特異的に攻撃するナチュラルキラー細胞等があるのです。そして、細胞性免疫に関係する免疫細胞を用いたがんの治療法が、免疫細胞治療と呼ばれるものです。

がん細胞を特異的に撃退

要するに、免疫細胞治療はがん患者自らの免疫細胞を利用する画期的な治療法なのです。そして免疫細胞は、がん細胞を特異的に撃退しますから、抗がん剤治療等に見られるひどい副作用がありません。また、がん細胞の転移が見られるような、かなり進行したがんでも、免疫細胞治療なら完治させることが期待できるのです。ただし、免疫細胞治療は健康保険の適用がなく、100%成功するとも限りません。ですが、免疫細胞治療なら今までのがん治療では救えなかった命を救える可能性があるのですから、試してみる価値は十分にあるはずです。ですから、免疫細胞治療を実施した実績が豊富で、評価が高い医療機関をインターネットで調べてみると良いでしょう。